カレイマタギ

塾長ヒロのカレイ投げ釣り記録 古竿と手作り仕掛けで大きなカレイを狙う

2020.03.22 竜ヶ岬 〇〇〇〇47cm

さて、前回の竜ヶ岬調査のあと

さっそくマガレイを狙いに竜ヶ岬へ

 

前日からエサを準備し万全の体制。

天気を見るとチョット波が高い(-_-;)

 

ワッカケの場合

波が高いと岬先端まで無理だが

竜ヶ岬なら

もしかしたらガケ下で釣りが可能かも。。。

と思いとりあえず行くことに。

 

ガケまでの道のりは雪がなくなり

楽に行けました

f:id:mapserver2:20200322160930j:plain

 

 

そしてお決まりのガケ

こちらも雪がなくなり以前よりは

楽に降りられます

 

f:id:mapserver2:20200322160934j:plain

 

いつもならここから

余市方面へさらに磯を渡るのですが

さすがに波がありムリですね。

 

f:id:mapserver2:20200322160936j:plain

先行者の方が波の合間を縫って行きましたが私はムリです)

 

余市方面は諦めてガケしたで竿を出します

ココでの釣りはあまり経験がありません

さて、ナニが釣れるのでしょうか?

 

f:id:mapserver2:20200322160938j:plain

 

タコの網があって遠投不可な場合がありますが

この日は無さそうなので思いっきり遠投。

網があっても届きませんがね(-_-;)

 

どのくらい水深が深いのでしょうか

ほんとに糸が垂直に近くなります

 

朝日を眺めながら緊張した面持ちで

竿先を見つめる事10分

 

この日はいきなりアレがきました

バコーーーーン!

と竿尻が持ち上がりなんと竿が水平に

(噂に聞いたことがありますが初めて見ました)

 

反射的にアワセを入れて得意のゴリ巻き。

 

たしか竜ケ岬のカレイはアタリが取りにくく元気がないはず?

竿先からゴンゴン首を振っている振動が伝わってくる

ん?!

デカいホッケかな?

 

目の前まで来ても姿を現しません

自作の仕掛けを信じて得意のブッコ抜きーーー!

 

一瞬ホッケかな?と思いきや

なんとアブラコ43cm。

f:id:mapserver2:20200322160943j:plain

そういえば首を振るのはホッケ以外にアブラコもいましたね(^-^)

 

平モノ狙いの釣り師からすると

嬉しいのやら悲しいのやら複雑な心境。

 

釣れたアブラコの針を外しているところへ

今度は別の竿が

バコーーーーン! 2回目

 

今度も重いっす。首振りまくりっす。

はい!

アブラコ36cm

f:id:mapserver2:20200322160948j:plain

ロックの人なら喜ぶんだろうなぁ。

 

こうなったらもうアブラコ狙い。

ドンドンコイやーーー!

バコーーーーン! 3回目

デーーーーン45cm サイズアップ

f:id:mapserver2:20200322160953j:plain

 

最後にイソメをふんだんに針に掛け

臨戦態勢でアブラコ来いやーーー!

 

バコーーーーン! 4回目

(この表現気に入ったかも)

47cm きょうイチサイズ

 

f:id:mapserver2:20200322160957j:plain

 

ハイ疲れました。これ以上釣っても重くてガケを登れません。

終了収竿となります。

 

最後にいつもの記念撮影。

f:id:mapserver2:20200322161000j:plain

 

やはり47cmはデカイ。

 

一つ分かったこと。

ガケ下では大型のアブラコが釣れます

ロックやアブラコ狙いの人はぜひ挑戦してみてください

 

さて、しばらくは竜ヶ岬(余市方面)、ワッカケ

幌武意シリーズが続きそうですね

毘砂別の磯も気になりますが。。。

 

波のない日にまた来ましょう。